自己処理の危険性【抑毛ローション】

ワキ脱毛を成功させる!

HOME > 自己処理の危険性【抑毛ローション】

自己処理の危険性【抑毛ローション】

『自己処理の危険性【抑毛ローション】』

これ単独で、しっかりとしたムダ毛対策になるわけではありません。が、ほかのものと併用することで、ほかのものが与えるお肌への負担を減らすことができるのが、「抑毛ローション」です。

よく「脱毛ローション(脱毛クリーム)」と混同されるようです。

脱毛ローションの場合は、今あるムダ毛を溶かして、毛穴からするりと抜けさせるものです。

一方、こちらの「抑毛ローション」には、ムダ毛が生えてこなくなるような成分が配合されており、次第にムダ毛が薄くなっていくことを狙いとしています。

最もよく知られているその種の成分は「大豆イソフラボン」でしょうか。

ムダ毛が濃くなるのは、男性ホルモンの働きによるものです。女性ホルモンの分泌が増えると、男性ホルモンは働きを抑えこまれます。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと物質としての組成が似ています。体内に入ると女性ホルモンの代役をしてくれるのです。

ただ、このように直接的な働きをするわけではありません。すぐにムダ毛をなくしてしまう、という使い方はできません。長い間使い続けて、徐々に変化が出るようなものです。

大豆イソフラボンには目立った副作用がないのも、おすすめできる理由のひとつです。

が、それでも体質によっては、かゆみが出ることもあるようです。また、大豆イソフラボン以外の成分が、お肌にダメージを与える場合もあります。お肌の弱い人はこういったことには注意をしたほうがいいでしょう。

また、全く効果がないような人もいます。

が、うまくいくようならば、お肌へ負担をかけずにムダ毛を薄くすることができ、カミソリなどの使用頻度も減らすことができるでしょう。

関連記事など

クマ

Copyright (c) 2014 ワキ脱毛を成功させる! All rights reserved.